筋トレグッズ

【歴11年が厳選】おすすめトレーニングベルト3選

この記事で解決できる悩み

・一番良いトレーニングベルトが何なのか知りたい

・どうやって選べばいいのかわからない

・トレーニングベルトって必要なの?

この記事に書かれていること

・おすすめトレーニングベルト3つ

・トレーニングベルトの選び方

・トレーニングベルトを使うことの効果

・トレーニングベルトの使い方

・トレーニングベルトを使う筋トレ種目 、、、など

UUDE

皆さんこんにちは!この記事を書いたUUDEと申します。

筋トレ歴は11年、自宅筋トレ一筋でずっと筋トレをしています。

筋トレが大好きなので、アルバイトでイントラクターをやったりしていました。

現在は、当サイト「腕を太くしたいんだっ!」を通して、自宅で上腕二頭筋を太くする方法を発信しています。

筋トレするときに腰が痛くなる、、、」この記事を読まれている方の中には、このような悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

特に、日頃から高重量を扱った筋トレをされている方には多いと思います。

ですので、今回は筋トレ歴11年の私が、腰の怪我防止や筋トレの質を向上させる際に役立つトレーニングベルトを3つご紹介したいと思います。

いずれも、数あるトレーニングベルトの中から厳選したものですので参考になると思います。

また、この記事では、トレーニングベルトの選び方から使い方まで、トレーニングベルトに関することは全てお伝えしています。

ですので、全て読み終わる頃には、買って後悔しないトレーニングベルト選びができるようになっているでしょう。

トレーニングベルトの選び方

まず、おすすめのトレーニングベルトについてお伝えする前に、トレーニングベルトの選び方についてお話しておく必要があります。

これを知っていれば、誰かの意見に偏るのではなく、自分に合った良いトレーニングベルト選びができます。

ですので、トレーニングベルト選びで後悔しないためにも、しっかりと覚えておくようにしてください。

選び方のポイントは主に3つあります。

・素材

・厚み

・サイズ

以上が、トレーニングベルトを選ぶ際のポイントです。

この他にも、「ベルトの締め方」や「デザイン」といったポイントがありますが、この2つに関してはそれぞれの好みの問題ですので、ここでは深く解説しません。

ですが、先ほど挙げた3つのポイントに関しては少し解説する必要があるので、これからお話ししようと思います。

素材

トレーニングベルトの素材には、レザーかナイロンのどちらかが使用されることが多いです。

基本的にどちらを選んでも問題はありませんが、トレーニングベルトは汗で臭いや汚れがつきやすいので、洗濯ができるものを選ぶようにおすすめします。

厚み

トレーニングベルトには、背中部分のクッションが薄いものと厚いものがあります。

薄いものは体にフィットしやすく、厚いものは筋トレの動作を行うときに力が入りやすいという利点があります。

それぞれに利点があるので、どちらを選んでいただいてもいいのですが、個人的にはクッションが厚いものをおすすめします。

筋トレのパフォーマンスを考えたときに、力を出しやすい方が効果的だと思われます。

サイズ

ここで言う「サイズ」には2つの意味があります。

1つは、ウエストのサイズ

そしてもう1つは、ベルトの縦幅(背中部分)のサイズです。

ウエストのサイズはご自分に合ったものを選べば良いのですが、ベルトの縦幅のサイズは好みによって分かれます。

ベルトの縦幅が短いタイプ(細いベルト)は、筋トレの動作を行うときに力が入りやすく、縦幅が長いタイプ(太いベルト)は、広い範囲で背中や腰をカバーしてくれます

どちらも効果的ですので、それぞれの好みで選んでいただいて構いません。

歴11年のおすすめトレーニングベルト3選

「トレーニングベルトは安いものがいい」「質が良ければ高くてもいい」「値段が安くて、質の高いものが欲しい」トレーニングベルトを選ぶ際の基準は皆さんバラバラだと思います。

ですので、今回は「コスパを重視する人向け」「値段の安さを重視する人向け」「質の高さを重視する人向け」の3タイプに分けて、それぞれの中でトップクラスの物を厳選してご紹介しています。

また、最後にこれらすべてのトレーニングベルトを比較した評価もご紹介しています。

全て読み終わる頃には、自分に一番合ったトレーニングベルトが見つかっていることでしょう。

・EasyJoy

・RitFit

・ゴールドジム

コスパを重視する人向け

まずは、「できるだけ安いのがいいけど、それなりに質もほしい」という方向けのトレーニングベルトをご紹介します。

値段が安く、質もそれなりに良い、バランス型のトレーニングベルトと言えるでしょう。

これから、値段や詳細情報、おすすめポイント、気になるポイントなどをご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

<値段> 3480円(Sサイズ)

<商品名> EasyJoy レザー ウエイト リフティングベルト 【筋トレ トレーニング 腰 ウエスト バーベル】 (ブラック, S(70~95cm))

<詳細情報>

素材:レザー(本牛革)

厚み:やや厚め

縦幅のサイズ:約10cm

ウエストサイズ:S(70~95cm)M(86~105cm)L(100~115cm)から選択可能

その他:・ウエストサイズ10段階調整可能

    ・赤、黒の2色から選択可能

・値段が安いのに、レザー仕様の本格的なトレーニングベルト

こんな方におすすめ

・できるだけ安く、そこそこ質のあるものが欲しい

・筋トレのパフォーマンスを上げたい

値段の安さを重視する人向け

次は、「問題なく使えて、とにかく安いものがいい」という方向けのトレーニングベルトをご紹介します。

今回ご紹介しているトレーニングベルトの中では、これが最安値になります。

それでは、詳細をご紹介していきます。

<値段> 2570円

<商品名> RitFit 6Inch リフティングベルト トレーニングベルト ナイロン製 フィット感抜群 軽量 お手入れ簡単(BLACK, M)

<詳細情報>

素材:ナイロン

厚み:やや薄め

縦幅のサイズ:15.24cm

ウエストサイズ:XS(57~73cm)SMLXLXXL(119~135cm)から選択可能

その他:・マジックテープで固定

    ・洗濯可能

・値段が非常に安い

・選べるサイズが多い

・マジックテープ仕様のため、締め付けの調整がしやすい

・洗濯できるため、清潔感を保つことができる

・長期間の使用によって、マジックテープの粘着度がどのくらい落ちるのか不明

こんな方におすすめ

・とにかく値段は安いものがいい

・洗濯できるものがいい

質の高さを重視する人向け

最後は、「値段が高くてもいいから、質の高いものがいい」という方向けのトレーニングベルトになります。

値段は今までお伝えしてきたトレーニングベルトより高くなりますが、それに見合った「筋トレの質の向上」が見込めるでしょう。

それでは、詳細をご紹介していきます。(ちなみに、私もこのトレーニングベルトを使用しています。)

<値段> 5310円(Lサイズ)

<商品名> ゴールドジム(GOLD`S GYM) ブラックレザーベルト G3367 S 【初心者~中級者】 背当てパッド付 腰 体幹 補助 スクワット ベンチプレス シーテッドローイング ラットプルダウン 【ゴールドジム正規品 ゴールドジムトレーナー愛用】 トレーニングベルト

<詳細情報>

素材:レザー

厚み:厚め

ウエストサイズ:S(80~95cm)M(85~100cm)L(90~105cm)から選択可能

その他:・ウエストサイズ8段階調整可能

・安心と信頼のブランド

・使いやすい

・頑丈なため、長期間使用できる

こんな方におすすめ

・買い替えの必要がないトレーニングベルトが欲しい

・トレーニングベルト選びで失敗したくない

3つの比較

これまで、3つのトレーニングベルトをご紹介してきましたが、ご自分に合うトレーニングベルトは見つかったでしょうか?

最後にまとめとして、ご紹介したトレーニングベルト3つの比較を行いたいと思います。

以下に、表としてまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

トレーニングベルトに関する質問

これから、トレーニングベルトに関する質問にお答えしていきます。

購入の前に知っておいた方が良いことも中には含まれていますので、事前に読まれることをおすすめします。

Q.トレーニングベルトって必要なの?

必ずしも必要というわけではありません

なぜなら、トレーニングベルトは高重量の筋トレを行う際に使用する補助具だからです。

ですので、高重量を扱った筋トレを行わない方は、わざわざ用意する必要はないと思います。

ただ、逆に高重量を使って筋トレをされる方は腰を怪我する危険性があるので、トレーニングベルトを用意した方がいいでしょう。

Q.トレーニングベルトはどんな時に使う?

トレーニングベルトは腰の怪我を防止したり、効果的に筋トレを行ったりするために必要な補助具になります。

ですので、主に高重量の重りを扱って筋トレを行う際によく使用します。

トレーニングベルトを使用する主な筋トレ種目としては、スクワットデッドリフトベンチプレスバーベルカールなどがあります。

これらの筋トレ種目を高重量で行われている方は、トレーニングベルトを使用することをおすすめします。

Q.どのくらいの重量からトレーニングベルトを巻くの?

トレーニングベルトを使用する際の重量は人によって違いますが、目安としては5~7RM以上の重量を扱う際には使用した方がいいと思います。

「~RM」というのは、「~回ぎりぎり行える程度の重さ」という意味です。

このぐらいの重量になってくると、フォームを安定させるのが難しくなり、怪我のリスクが高まるので注意が必要です。

ただ、これはあくまで目安ですので、もっと軽い重量でも「ちょっと腰が痛くなってきたな、、、」と感じたら、トレーニングベルトを使用するか、筋トレを中止することをおすすめします。

トレーニングベルトを使用する筋トレ種目

続いて、トレーニングベルトを使用する上腕二頭筋の筋トレ種目をご紹介します。

ここでは、簡単なやり方のみを解説しておりますが、別記事で注意点やコツなども解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

・バーベルカール

・EZバーカール

・リバースカール

バーベルカール

①両手でバーベルを持ち、体をまっすぐにして立ちます。

②肘を支点にしてバーベルを持ち上げ、自分の胸に近づけます。

③自分の胸にバーベルを近づけたら、今度は反対に下ろしていきます。

④これらの動作を繰り返し行います。

上腕二頭筋が太くなるバーベルカールの正しいやり方【歴11年が解説】「バーベルカールのやり方ってどれが正しいの?」「バーベルカールをやっても効いている感じがしない」今回はこれらの悩みを解決するために、バーベルカールの正しいやり方はもちろん、正しい筋トレ強度や効果を高める方法などを詳しくお伝えしていきます。...

EZバーカール

①両手が逆ハの字になるようにEZバーを持ち、体をまっすぐにして立ちます。

②肘を支点にしてEZバーを持ち上げ、自分の胸に近づけます。

③自分の胸にEZバーを近づけたら、今度は反対に下ろしていきます。

④これらの動作を繰り返し行います。

EZバーカールの正しいやり方解説!腕を太くする握り方はこれだ!!「EZバーカールの効果的なやり方を知りたい!」今回はこのような方々に向けて、EZバーカールの正しいやり方を解説していきます!筋トレ歴10年をかけて得た知識をもとに、最も効果的な方法をお伝えしていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。...

リバースカール

①手の甲が正面を向くようにバーを握ります。

②肘を支点にしてバーを持ち上げます。

③バーが上まで持ちあがったら、今度は反対にバーを下ろしていきます。この時に、バーを持ち上げた時と同じルートを通ってバーを下ろすようにします。

④この動作を繰り返し行います。

前腕が太くなるリバースカールの正しいやり方をご紹介!【効かない方必見!】「リバースカールのやり方ってどれが正しいの?」「リバースカールをやっても効いてる感じがしない」今回はこれらの悩みを解決するために、リバースカールの正しいやり方はもちろん、正しい筋トレ強度や効果を高める方法などを詳しくお伝えしていきます。...

効果を格段に上げる他の筋トレグッズ

皆さんの中には「一番効果のある方法で筋トレがしたい」と思っている方はいないでしょうか?

私も同じように思ってずっと筋トレを学んできました。

そして、「筋トレ効果を上げるのは意外と簡単だ」ということがわかってきました。

今回ご紹介したトレーニングベルトのような筋トレグッズも、筋トレの効果を最大限に高めるための方法の1つと言えます。

そして、トレーニングベルト以外にも、筋トレ効果を高めてくれるグッズはたくさんあります。

ですので、最後に筋トレ効果を上げる他のグッズをご紹介したいと思います。

中には、あるかないかで効果に大きな差が生まれるものもありますので、ぜひチェックしてみてください。

なお、各筋トレグッズの詳細はここではご紹介していませんが、別の記事で詳しく解説していますので、興味がある方はそちらをご覧ください。

補助具

補助具というのは、「筋トレをより効果的に行えるようにサポートするグッズ」のことです。

今回お伝えしたトレーニングベルトも補助具に含まれます。

使用することで、一気に効果が上がるわけではありませんが、筋トレを快適に行えるようになりますので、モチベーションを高めるのに効果的です。

筋トレ効果を上げる補助グッズ6選【歴11年が厳選】「上腕二頭筋をもっと効果的に鍛えたい!」今回はこんな望みを抱いている方に向けて、上腕二頭筋の筋トレ効果を上げる補助具を6つご紹介します。それぞれ、優先順位をつけて順番にご紹介していますので、全て読み終わる頃には、自分に必要な器具が何かわかるでしょう。...

サプリ

サプリは、「食事では十分に摂取できていない栄養を補給するためのもの」です。

プロテインやBCAAなどがそれに該当します。

実は、ほとんどの方が、日々の食事から筋肉の成長に必要な栄養を十分に摂れていません。

ですので、そういった方々がサプリを摂取すれば、筋トレの効果を飛躍的に向上させることができるでしょう。

上腕二頭筋を太くするサプリ5選【筋トレ歴11年のおすすめ】「上腕二頭筋を太くしたい」この記事を読まれている方の多くはこのような望みを抱いているのではないでしょうか?今回はそんな方々のために、上腕二頭筋を太くするサプリを5つご紹介します。この記事を全て読み終わる頃には、上腕二頭筋を太くするために効果的なサプリを見つけることができるでしょう。...

器具

器具は、「筋肉を鍛える際に必要な道具」のことです。

ダンベルやバーベル、トレーニングベンチなどがそれに該当します。

器具がなくては筋トレができませんので、筋トレをする方にとっては必須の道具となります。

器具なしでも鍛えることはできますが、高い効果を期待するのなら器具は必須です。

器具が増えることで、行える筋トレの種類が増え、得られる刺激の種類も増えます。

また、器具も筋トレ効果に直結するものですので、優先的にそろえることをおすすめします。

上腕二頭筋を鍛えるおすすめ筋トレ器具7選【歴11年が厳選】「上腕二頭筋を太くしたいけど何が必要かわからない」今回はこんな悩みを抱えている方に向けて、上腕二頭筋を太くする筋トレ器具を7つご紹介します。それぞれ、優先順位をつけて順番にご紹介していますので、全て読み終わる頃には、自分に必要な器具が何かわかるでしょう。...

まとめ

今回はおすすめのトレーニングベルトを3つご紹介してきました。

この記事全体のまとめは以下の通りです。

まとめ

【トレーニングベルトの選び方】

・素材

・厚み

・サイズ

【歴11年のおすすめトレーニングベルト3選】

<コスパを重視する人向け>

・EasyJoy

〇こんな方におすすめ

・できるだけ安く、そこそこ質のあるものが欲しい

・筋トレのパフォーマンスを上げたい

<値段の安さを重視する人向け>

・RitFit

〇こんな方におすすめ

・とにかく値段は安いものがいい

・洗濯できるものがいい

<質の高さを重視する人向け>

・ゴールドジム

〇こんな方におすすめ

・買い替えの必要がないトレーニングベルトが欲しい

・トレーニングベルト選びで失敗したくない

<3つの比較評価>

※表をご覧ください。

【トレーニングベルトに関する質問】

Q.トレーニングベルトって必要なの?

→ 必ずしも必要というわけではない。ただ、高重量を使って筋トレをする人は用意した方がいい。

Q.トレーニングベルトはどんな時に使う?

→ 高重量の重りを扱って筋トレを行う際によく使用する。主な筋トレ種目としては、スクワットやデッドリフト、ベンチプレス、バーベルカールなどがある。

Q.どのくらいの重量からトレーニングベルトを巻くの?

→ 目安としては5~7RM以上の重量から使用する。

【トレーニングベルトを使用する筋トレ種目】

・バーベルカール

・EZバーカール

・リバースカール

【効果を格段に上げる他の筋トレグッズ】

・補助具

・サプリ

・器具

トレーニングベルトには様々なものがあり、何が一番いいのかを決めるのは難しいです。

ですが、選び方さえ知っていれば、自分に合ったトレーニングベルトを選ぶのは簡単です。

ですので、今回お伝えしてきたことをトレーニングベルト選びの参考にしていただければと思います。

そうすれば、後悔のない選択ができるでしょう。

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

ABOUT ME
UUDE
皆さん、はじめまして!UUDE(ウーデ)と申します。筋トレ歴は11年、自宅筋トレ一筋でずっと筋トレをしています。筋トレが大好きなので、アルバイトでイントラクターをやったりしていました。現在は、当サイト「腕を太くしたいんだっ!」を通して、自宅で上腕二頭筋を太くする方法を発信しています。