筋トレグッズ

上腕二頭筋を鍛えるおすすめ筋トレ器具7選【歴11年が厳選】

この記事で解決できる悩み

・何の器具から揃えたらいいのかわからない

・効果的な筋トレ器具が知りたい

・上腕二頭筋の筋トレ効果を高めたい

この記事に書かれていること

・上腕二頭筋を太くするおすすめの筋トレ器具

・筋トレの効果を上げる補助具

UUDE

皆さんこんにちは!この記事を書いたUUDEと申します。

筋トレ歴は11年、自宅筋トレ一筋でずっと筋トレをしています。

筋トレが大好きなので、アルバイトでイントラクターをやったりしていました。

現在は、当サイト「腕を太くしたいんだっ!」を通して、自宅で上腕二頭筋を太くする方法を発信しています。

「上腕二頭筋を太くしたいけど何が必要かわからない」

今回はこんな悩みを抱えている方に向けて、上腕二頭筋を太くする筋トレ器具を7つご紹介します。

それぞれ、優先順位をつけて順番にご紹介していますので、全て読み終わる頃には、自分に必要な器具が何かわかるでしょう。

上腕二頭筋を太くするのに器具は必要か?

結論を先にお伝えすると、上腕二頭筋を太くして、力こぶを作りたいのであれば器具や道具は必須になります。

なぜなら、器具や道具を一切使わない筋トレは筋肉に与えられる刺激が小さいため、たくさん筋トレをしても、筋肉がそれほど成長しないからです。

また、筋肉の成長の限界がすぐに来てしまうので、ボディビルのような極太の上腕二頭筋にすることはできません。

ですので、上腕二頭筋を太くしたい方は、器具を使用して筋トレを行うことをおすすめします。

今回は上腕二頭筋を太くするのに役立つ筋トレ器具をランキング形式でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

上腕二頭筋を太くするおすすめの筋トレ器具7選

ここでご紹介する筋トレ器具は1~7位という順位付けをしていますが、どれも上腕二頭筋を鍛えるのに効果的です。

それぞれの違いは、「得られる刺激の種類」だけですので、「順位が低い=効果が低い」とは思わないようにしてください。

順位はあくまで、入手優先度を表したものですので、「順位が高い=入手優先度が高い」とお考え下さい。

それでは、上腕二頭筋を太くする筋トレ器具をご紹介してきます。

1位 ダンベル

2位 マルチポジションベンチ

3位 バーベル

4位 EZバー

5位 プリチャーカールベンチ

6位 チンニングスタンド

7位 チンニングバー

1. ダンベル

ダンベルは上腕二頭筋の筋トレ種目でよく使用される器具です。

手首や肘の位置を変えるだけで刺激に様々な変化を加えることができるため非常に有能です。

「いろんな筋トレ器具をそろえるのは無理!」という方は、とりあえずダンベルさえあれば大丈夫です。

ダンベルを選ぶ際には、以下の基準を参考にしていただければ、ダンベル選びに失敗することはないと思います。

また、おすすめのダンベルもご紹介していますので、よろしければそちらもご覧ください。

ダンベルの選び方

ダンベルを選ぶ際には、以下にご紹介する3つのポイントを参考にしてください。

ここではポイントのみのご紹介となっていますが、後でご紹介するダンベルの記事で詳細を解説しています。

ですので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

選び方

鉄製

→壊れる心配がなく、長く使い続けられるから。

片方のダンベルが20キロ以上(合計40キロ以上)

→上腕二頭筋を太くするために必要になってくる重量だから。

重量変更が可能

→必要に応じて、鍛える筋肉や鍛える方法に合わせた重量に変更することができるから。

おすすめのダンベル

次に、おすすめのダンベルをご紹介します。

ここでは1つのみご紹介していますが、以下の記事にその他のおすすめダンベルもご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

筋トレ初心者におすすめのダンベルをご紹介!【自宅でマッチョになるために必要な器具です】「筋トレを始めたばかりだから、どんなダンベルを選んだらいいのかわからない、、、」今回はそんな悩みを抱えた方に向けて、筋トレ初心者に最もおすすめのダンベルをご紹介していきます。このサイトではコスパを最も重視していますので、筋トレ初心者の方にとって使いやすく、安価で長持ちするダンベルを見つけることができるでしょう!...

<値段> 18260円(送料別)

<商品名> IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 60KG セット (片手30kg×2個)/ 筋トレ ベンチプレス 筋力 トレーニング ダンベル アレー

<詳細情報>

素材:鉄製

重量:合計60kg(片方30kg)

その他:ラバー付き(ダンベルの周りに付けるクッション材のようなもの)

<セット内容詳細>

・スクリュウダンベルシャフト 2.5キロ×2本

・プレート 1.25キロ×4枚

・プレート 2.5キロ×4枚

・プレート 5キロ×8枚

・1.25キロ用ラバーリング ×4個

・2.5キロ用ラバーリング ×4個

・5キロ用ラバーリング ×8個

ダンベルを使用した筋トレ種目

最後に、ダンベルを使用する上腕二頭筋の筋トレ種目をご紹介します。

それぞれの具体的なやり方については以下の記事で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

・ダンベルカール

・スピネイトカール

・ハンマーカール

・ダンベルリバースカール

・オルタネイトカール

・ダンベルプリチャーカール

・コンセントレーションカール

・インクラインダンベルカール

ダンベルを使った上腕二頭筋の筋トレ種目8選【歴11年のおすすめもご紹介】この記事では、ダンベルを使った上腕二頭筋の筋トレ種目を8つご紹介しています。また、筋トレ歴11年の私自身がおすすめする種目も3つご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。これらの種目で筋トレを行えば、上腕二頭筋を今まで以上に太くすることができるでしょう。...

2.マルチポジションベンチ

マルチポジションベンチは「背もたれの角度を自由に変更できる筋トレ用のベンチ」です。

背もたれの角度を変えることができるため、座りながら行う上腕二頭筋の筋トレにも刺激の変化を与えることができます。

特に、マルチポジションベンチを使用する「インクラインダンベルカール」などは、上腕二頭筋に強い刺激を与えることができる筋トレ種目ですので、可能であればマルチポジションベンチは優先的に用意することをおすすめします。

それでは、選び方とおすすめのマルチポジションベンチをご紹介していきます。

マルチポジションベンチの選び方

マルチポジションベンチを選ぶ際には、以下にご紹介する2つのポイントを参考にしてください。

ここではポイントのみのご紹介となっていますが、後でご紹介するマルチポジションベンチの記事で詳細を解説しています。

ですので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

選び方

耐荷重が100キロ以上のもの

→普通に使用していれば壊れる心配がないから

背もたれの角度調節が5段階以上のもの

→角度調節の段階が多ければ、筋トレを行う際に得られる刺激の種類も増えるから

おすすめのマルチポジションベンチ

次に、おすすめのマルチポジションベンチをご紹介します。

ここでは1つのみご紹介していますが、以下の記事にその他のおすすめマルチポジションベンチもご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

【私的おすすめ筋トレ器具】筋トレのバリエーションが一気に広がるマルチポジションベンチをご紹介!今回ご紹介するのがマルチポジションベンチです。「できるだけ低コストで器具をそろえたい!」「長く使える器具が欲しい!」と思って器具を探している方々は、器具探しの手間を少しでも削減できると思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います!...

<値段> 8457円

<商品名> FLYBIRD トレーニングベンチ インクラインベンチ 可変式フラットベンチ アジャスタブル 角度調節簡単 組立不要 折りたたみ式 収納便利 シットアップ 耐荷重270KG 筋トレ 家庭用 日本語説明書

<詳細情報>

耐荷重:270kg

角度調節:3段階(座面)/6段階(背もたれ)

サイズ:横幅32cm/奥行き107cm/高さ90cm

本体重量:8.5kg

その他:折り畳み式/6ヵ月品質保証

マルチポジションベンチを使用した筋トレ種目

最後に、マルチポジションベンチを使用する上腕二頭筋の筋トレ種目をご紹介します。

それぞれの具体的なやり方については以下の記事で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

3.バーベル

バーベルは上腕二頭筋を高重量で鍛える際によく使用します。

特に、バーベルカールなどの高重量を扱った筋トレは、筋肥大や筋力の向上に効果的ですので、「上腕二頭筋を太くしたい」という方にはおすすめです。

それでは、選び方とおすすめのバーベルをご紹介していきます。

バーベルの選び方

バーベルを選ぶ際には、以下にご紹介する3つのポイントを参考にしてください。

ここではポイントのみのご紹介となっていますが、あとでご紹介するバーベルの記事で詳細を解説しています。

ですので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

選び方

鉄製

→壊れる心配がなく、長く使い続けられるから

バーベルの重量が合計で40kg以上

→上腕二頭筋を太くするために必要になってくる重量だから

重量変更が可能

→必要に応じて、鍛える筋肉や鍛える方法に合わせた重量に変更することができるから

おすすめのバーベル

次に、おすすめのバーベルをご紹介します。

ここでは1つのみご紹介していますが、以下の記事にその他のおすすめバーベルもご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

コスパ最強のバーベルをご紹介!コレがあれば筋トレ初心者でも自宅でマッチョになれる!今回は筋トレ初心者におすすめのコスパ最強バーベルをご紹介していきます。このサイトではコスパを最も重視していますので、筋トレ初心者の方にとって使いやすく、安価で長持ちするバーベルを見つけることができるでしょう!...

<値段> 37910円(送料別)

<商品名> IROTEC (アイロテック) ラバー バーベル ダンベル 100KGセット 安心のラバーリング!床に置く時も静か! (バーベルシャフト長さワイドグリップ180cm)

<詳細情報>

素材:鉄製

重量:合計100kg

その他:ラバー付き(ダンベルの周りに付けるクッション材のようなもの)

シャフトとは、バーベルやダンベルの棒のことです。

<セット内容詳細>

・プレート 1.25キロ×4枚

・プレート 2.5キロ×4枚

・プレート 5キロ×4枚

・プレート 10キロ×2枚

・プレート 15キロ×2枚

・バーベルシャフト 10キロ×1本

・ダンベルシャフト 2.5キロ×2本

バーベルを使用した筋トレ種目

最後に、バーベルを使用する上腕二頭筋の筋トレ種目をご紹介します。

それぞれの具体的なやり方については以下の記事で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

4.EZバー

EZバーは、バーベルとは違った特殊な形状のバーで、リバースカールやEZバーカールを行う際に使用します。

EZバーカールを使用する利点は、単純に種目数が増えるというのもありますが、上腕二頭筋だけでなく前腕にも刺激を与えられるという利点があります。

ですので、「前腕も太くしたい!」「種目数を増やしたい!」という方は、EZバーをおすすめします。

それでは、EZバーの選び方とおすすめをご紹介していきます。

EZバーの選び方

EZバーを選ぶ際には、以下にご紹介する3つのポイントを参考にしてください。

ここではポイントのみのご紹介となっていますが、あとでご紹介するEZバーの記事で詳細を解説しています。

ですので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

選び方

長さ120cmの物

→ EZバーが長すぎたり、短すぎたりすると扱いづらくなり、筋肉に効かせる際の妨げになる可能性があるから

太さ28mmの物

→ ほとんどのプレートに問題なく使用できるから

「W」型の物

→ 使いやすく、直感的に扱えるから

以上が、EZバーを選ぶ際のポイントです。

この他にも、「値段」や「付属品の内容」といったポイントがありますが、この2つに関してはどれもそれほど大きな差はないですので、ここでは深く解説しません。

おすすめのEZバー

次に、おすすめのEZバーをご紹介します。

ここでは1つのみご紹介していますが、以下の記事にその他のおすすめEZバーもご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

歴11年のおすすめEZバー(Wバー)3選【腕に必ず効かせる】今回は筋トレ歴11年の私が、腕を太くするのに役立つEZバーを3つご紹介します。また、この記事では、EZバーの選び方から使い方まで、全てお伝えしていますので、全て読み終わる頃には、後悔しないEZバー選びができるようになっているでしょう。...

<値段> 4950円

<商品名> IROTEC (アイロテック) レギュラーWバー 上腕二頭筋 腕力 筋力増強 バーベル フィットネスバー

<詳細情報>

長さ: 120cm(持ち手:約80cm/プレートセット取り付け部分:約18cm×2

太さ: 直径28mm

形状: W型

重量: 約6kg

EZバーを使用した筋トレ種目

最後に、EZバーを使用する上腕二頭筋の筋トレ種目をご紹介します。

それぞれの具体的なやり方については以下の記事で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

5.プリチャーカールベンチ

プリチャーカールベンチは、プリチャーカールを行う際に必要になる筋トレ器具です。

唯一、この種目を行う際にだけ必要になる器具ですので、筋トレ初心者の方は無理に用意する必要はないと思います。

ただ、プリチャーカールベンチの中には、マルチポジションベンチとしての役割を兼ね備えているものもありますので、マルチポジションベンチの購入を考えている方は、両方の機能を兼ね備えたプリチャーカールベンチをおすすめします。

それでは、選び方とおすすめをご紹介します。

プリチャーカールベンチの選び方

プリチャーカールベンチを選ぶ際には、以下にご紹介する3つのポイントを参考にしてください。

ここではポイントのみのご紹介となっていますが、あとでご紹介するプリチャーカールベンチの記事で詳細を解説しています。

ですので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

選び方

耐荷重が150キロ以上の物

→ 耐荷重の値が低すぎると、自分の体重や器具の重みですぐに壊れてしまう可能性があるから

自分の部屋に置いても邪魔にならないサイズの物

→ 大きすぎると邪魔になる可能性があるから

使いやすい物

→ 使いにくいもので筋トレを行うと、筋肉に効かせるのが難しいから

以上が、プリチャーカールベンチを選ぶ際のポイントです。

この他にも、「付属品の内容」や「デザイン」といったポイントがありますが、この2つに関してはそれぞれの好みの問題なので、ここでは深く解説はしません。

おすすめのプリチャーカールベンチ

次に、おすすめのプリチャーカールベンチをご紹介します。

ここでは1つのみご紹介していますが、以下の記事にその他のおすすめプリチャーカールベンチもご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

おすすめプリチャーカールベンチ3選を歴11年がご紹介【選び方も】今回は筋トレ歴11年の私が、腕を太くするのに役立つプリチャーカールベンチを3つご紹介します。また、この記事では、プリチャーカールベンチの選び方から使い方まで、プリチャーカールベンチに関することは全てお伝えしていますので、全て読み終わる頃には、買って後悔しないプリチャーカールベンチ選びができるようになっているでしょう。...

<値段> 5999円

<商品名> CuteeFoxトレーニングベンチ【4in1】マルチシットアップベンチ 折り畳み フラットベンチ 腹筋 背筋 ダンベル ベンチ008 (赤)

<詳細情報>

耐荷重:350kg

サイズ:横幅42cm/奥行き約130cm/高さ102cm(最大)正面から見た時

重量:約11kg

その他:背もたれ、アームパッドなど高さや角度調節が可能

プリチャーカールベンチを使用した筋トレ種目

最後に、プリチャーカールベンチを使用する上腕二頭筋の筋トレ種目をご紹介します。

それぞれの具体的なやり方については以下の記事で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

6.チンニングスタンド

チンニングスタンドは主に、広背筋と呼ばれる背中の筋肉を鍛える際に使用されるのですが、やり方を変えれば上腕二頭筋を鍛えることもできます。

ただ、チンニングスタンドを使用した上腕二頭筋の筋トレは、強い刺激を与えることが非常に難しいので、自重筋トレをメインで行っているような方でない限りは、わざわざチンニングスタンドを用意する必要はないと思います。

それでは、選び方とおすすめをご紹介していきます。

チンニングスタンドの選び方

チンニングスタンドを選ぶ際には、以下にご紹介する3つのポイントを参考にしてください。

ここではポイントのみのご紹介となっていますが、あとでご紹介するチンニングスタンドの記事で詳細を解説しています。

ですので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

選び方

部屋のサイズに合った物

→ 大きすぎると邪魔になる可能性があるから

耐荷重が100kg以上の物

→ 耐荷重が低いものだと、すぐに壊れてしまう可能性があるから

安定性の高い物

→ 安定性の低いものは、動作中にぐらついてしまうから

おすすめのチンニングスタンド

次に、おすすめのチンニングスタンドをご紹介します。

ここでは1つのみご紹介していますが、以下の記事にその他のおすすめチンニングスタンドもご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

https://arm-bigger.com/pull-up-machine/

<値段> 9300円

<商品名> 懸垂 ぶら下がり健康器 懸垂マシン マルチジム 耐荷重150kg ホームジム ぶらさがり 懸垂器具 筋肉トレーニング 背筋/腹筋/大胸筋 マルチジム 自宅用 日本語説明書 (最新型ぶら下がり)

<詳細>

耐荷重:150キロ以上

サイズ:横幅98cm、高さ218cm(最大)、奥行き90cm

重量:15.5キロ

その他:・滑り止め足カバー付き

    ・1年の保証付き

    ・高さは6段階調節可能

    ・八字台座×三角構造×極太パイプを使用

    ・超大型背もたれ付き

チンニングスタンドを使用した筋トレ種目

最後に、チンニングスタンドを使用する上腕二頭筋の筋トレ種目をご紹介します。

それぞれの具体的なやり方については以下の記事で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

7.チンニングバー

チンニングバーはチンニングスタンドと同じ用途で使用されますが、大きな違いは「持ち運びができる」という点です。

チンニングバーは、ドア枠がある場所であればどこでも使用することができます。

そのため、非常に便利ではあるのですが、チンニングスタンドと同様に、自重筋トレで上腕二頭筋を鍛えたい方以外は、わざわざ用意する必要はないと思います。

それでは、選び方とおすすめをご紹介していきます。

チンニングバーの選び方

チンニングバーを選ぶ際には、以下にご紹介する2つのポイントを参考にしてください。

ここではポイントのみのご紹介となっていますが、あとでご紹介するチンニングバーの記事で詳細を解説しています。

ですので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

選び方

耐荷重が100キロ以上の物

→ 耐荷重が低いものだと、すぐに壊れてしまう可能性があるから

チンニングバーの大きさ

→ 小さすぎると、ドア枠に設置することができないから

これ以外にも、「自宅のドア枠の耐久性」をあらかじめ確認する必要があります。ドア枠の耐久性が低いと、チンニングバーを使用する際にドア枠が壊れてしまう可能性があるので注意しましょう。

おすすめのチンニングバー

次に、おすすめのチンニングバーをご紹介します。

ここでは1つのみご紹介していますが、以下の記事にその他のおすすめチンニングバーもご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

https://arm-bigger.com/my-select-best-pull-up-bar/

<値段> 4980円

<商品名> Shinyever ドアジム 懸垂バー チンアップバー チンニングバー ドア用 懸垂マシンマルチエクササイズ 背筋 腹筋 筋力トレーニング 腕立て 懸垂 自宅 トレーニング耐荷重200kg 日本語説明書付き

<詳細>

重量:3.8kg

耐荷重:200kg

利用可能なドア:幅70~90cm、ドア枠と壁の間1.5~2cm、ドア枠の厚み12~21cm、左右と天井までの距離7cm以上

その他:・購入後12か月間のメーカー保証付き

    ・筋肉に効かせやすいデザイン

    ・折り畳み式(サイズ:108×28cm)

<セット内容>

・チンニングバー

・保護用パッド

・説明書

チンニングバーを使用した筋トレ種目

最後に、チンニングバーを使用する上腕二頭筋の筋トレ種目をご紹介します。

それぞれの具体的なやり方については以下の記事で解説していますので、詳しくはそちらをご覧ください。

器具と一緒に使う補助具

皆さんの中には「一番効果のある方法で筋トレがしたい」と思っている方はいないでしょうか?

私も同じように思ってずっと筋トレを学んできました。

そして、「筋トレ効果を上げるのは意外と簡単だ」ということがわかってきました。

今回ご紹介してきた器具も、筋トレの効果を最大限に高めるための方法の1つと言えます。

そして、ご紹介したもの以外にも、筋トレ効果を高めてくれるグッズはたくさんあります。

その1つが、「補助具」と呼ばれるものです。

「補助具」があるかないかで、効果に大きな差が生まれるものもありますので、最後に「補助具」をいくつかご紹介しようと思います。

なお、詳細はここではご紹介していませんが、別の記事で詳しく解説していますので、興味がある方はそちらをご覧ください。

おすすめの補助具

・リストラップ

・トレーニングベルト

・アームカールプレート

・肘サポーター

・パワーグリップ

・加重ベルト

筋トレ効果を上げる補助グッズ6選【歴11年が厳選】「上腕二頭筋をもっと効果的に鍛えたい!」今回はこんな望みを抱いている方に向けて、上腕二頭筋の筋トレ効果を上げる補助具を6つご紹介します。それぞれ、優先順位をつけて順番にご紹介していますので、全て読み終わる頃には、自分に必要な器具が何かわかるでしょう。...

まとめ

今回は上腕二頭筋を鍛えられるおすすめの器具をご紹介してきました。

この記事の内容をまとめは以下の通りです。

まとめ

【上腕二頭筋を太くするのに器具は必要か?】

→ 上腕二頭筋を太くして、力こぶを作りたいのであれば器具や道具は必須。

【上腕二頭筋を太くするおすすめの筋トレ器具7選】

1位 ダンベル

2位 マルチポジションベンチ

3位 バーベル

4位 EZバー

5位 プリチャーカールベンチ

6位 チンニングスタンド

7位 チンニングバー

【器具と一緒に使う補助具】

※別記事をご覧ください。

今回は上腕二頭筋を鍛えられるおすすめの器具をご紹介してきましたが、優先度の高いものを揃えていけば、確実に効果的な筋トレを行うことができるようになります。

ですので、「器具選びに悩んでいる」という方は、ぜひ今回お伝えしたことを参考にしていただきたいと思います。

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです。

今日も読んでくださってありがとうございます。

自宅で行う上腕二頭筋の筋トレ種目16選!【腕が太くしたい方必見】 この記事で解決できる悩み ・上腕二頭筋の筋トレ種目が知りたい ・自宅で出来る筋トレが知りたい ・上腕二頭筋...

ABOUT ME
UUDE
皆さん、はじめまして!UUDE(ウーデ)と申します。筋トレ歴は11年、自宅筋トレ一筋でずっと筋トレをしています。筋トレが大好きなので、アルバイトでイントラクターをやったりしていました。現在は、当サイト「腕を太くしたいんだっ!」を通して、自宅で上腕二頭筋を太くする方法を発信しています。